RollingStoneGathersNoMoss健啖部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、健啖部の活動報告。文化活動履歴の「文化部」にも是非お立ち寄り下さい

ワイン/ビール

SPRING VALLEY -豊潤- 496

随分とユニークな商品を出してきたものだ。 わざわざ「クラフトビール」とパッケージに書いてあることもそうだけど。 「SPRING VALLEY」のブランド自体は以前からあったものと認識。 ただ本品については「クラフトビール」らしいクセを残しながらも、ナショ…

サッポロ 麦とホップ<赤>

一口ぐびっと呷って、おや、これは良く出来ていると感心する。 カラメル色の見目も勿論だが、ロースとしたのに近い香りと苦みがリキュールにありがちなクセをを上手く覆い隠し、ビールに近い味を再現している。 これなら繰り返し呑んでも良いかも。

金麦 春の味できました

そもそも《金麦》の経験値が高くないので味の比較はできておらず。 Webサイトを見れば、 何やら凄いコトが書かれているけれど、具体的にどう違うのかは言語化されておらず。 逆に、年間や場所を通じて同じように作ることの方が大層な技術だと感嘆すると思…

金麦〈ザ・ラガー〉

初めて呑んだビールは「ラガー」の世代。なのでその単語にはビビットに反応してしまうわけで。 標題の商品もTVCMで見て興味深々。 でも2月2日~の全国発売の割りには近所のコンビニは置いてなかったりするのよね。 そんなこんなで漸く入手。期待に胸を膨…

キリン一番搾り 超芳醇

過去の飲用歴を辿ってみると、毎年この時期には決まって呑んでいるようでこれで四年連続。 それでも前のことをころっと忘れて買っちゃうんだから歳はとりたくないもの(笑) とは言え気のせいかもしれないが、それとも中身が少しづつ進化しているからか、或…

新 サッポロ 麦とホップ

「新」の赤い文字に惹かれついつい手を伸ばしてしまう。 それにしても商品紹介に書かれている「ビール好きに」との文言は逆説的な表現だなぁとも思ったり。 直近で、この手の商品を多く飲むようになったからかそれとも惹句にある「うまみ麦汁製法」の故か所…

CLEAR MALT クリアモルト

もう随分と前に出された商品も、「ファミマ」のPBを今更ながらに試してみる。 アルコール度数は6°と、高め。 原材料はビールでお馴染みの素材プラス大麦スピリッツ。 色見の与える影響かもしれんが、随分と薄味。苦み、コクのいずれにも欠け、スピリッツ…

クリアアサヒ 桜の宴

1月26日~数量限定発売。4月迄の販売計画も、予定数出荷次第終了との告知。 桜の花があしらわれ、春の文字も臙脂っぽい色調で気持ちが浮き立つよう。 でも味はねぇ、爽快とかクリアな喉越しとの表現は都合よく美しく、有り体に言って 薄い な、と。 あまりビ…

ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉

1月26日~数量限定での発売。 ただ類似品は過去にも有った記憶。 パッケージの黒色は、確かに高級感を醸し出す。 アルコール度数は5.5°。 原材料は麦芽とホップのみ。 色見も琥珀で、苦みの強いコクの中に芳ばしさも遍在。 夏場よりも冬の寒い時期にぴったり…

サッポロ 開拓使麦酒仕立て

「LAGER」→「LAGAR」のミスプリで一旦は発売を延期したものの、 リリースを出した途端に「勿体無い」との声が多く上がり 急遽二十日遅れでの販売を決定した曰く付きの商品。 ファミマ限定販売。原材料は麦芽100%、アルコール度数は6°とかなり高め。 特徴的…

キリン クラシックラガー

自分ぐらいの年代になると「キリンビール」が主力の商品の《ラガー》をリニューアルした際のごたごたはよく記憶している。 なので現状の白いパッケージの《ラガー》は昭和の頃に慣れ親しんだものではなくどちらかと言えば《クラシックラガー》こそがオリジナ…

サッポロ 銀座ライオンビヤホール スペシャル

数量限定で12月15日~発売と書かれているのにいまだに棚に並んでるってことはそんなに売れてないんじゃ?と訝ったり。 でも丁度一年前は似たパッケージでちょっとだけ表記の違いの商品を出していたので、 やはりこの路線は支持されているのかなぁ(笑)。

ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール芳醇

2015年に《芳醇エール》を飲んだ記憶はあるのだが、 2017年には《香るエール芳醇》が既に出てたのね。 今回の一本はそれのパッケージを変えての冬のギフト用とのことかしら。 《香るエール》の香りをベースに苦みとコクが上手い調合でプラスされてい…

ザ・プレミアム・モルツ 冬の限定醸造 醸造家の贈り物

冬のギフト専用商品とのことでパッケージには「新しい年を晴れやかな気持ちで迎えてほしい。そう願って、丹精込めて作りました。白ワインを彷彿とさせる香りのハラタウブランホップをベースに2種類のファインアロマホップを組み合わせました。口の中に広が…

サッポロビール ヱビス ウィンターボック

ギフト限定商品の由。 アルコール度数は6°と高め。 喉の奥にずんと響く苦みと重い旨味が特徴的。 色見もかなり濃い。 ある意味、冬に嗜むのに最適の一本。特に鍋には合いそう。

ザ・プレミアム・モルツ〈プラチナ〉

12月1日~数量限定の商品も「セブン&アイグループ」だけの販売なのね。 アルコール度数は6°と高めも、ウリの文句にある様に澄んだ香りが特徴的。 それでいてコクや苦みはしっかり。 「ダイヤモンド麦芽」や「白ワイン様の香り」は過去にも読んだ文言と思う…

THE軽井沢ビール

飲み比べ六本セットを購入、少しずつ嗜む。 《クリア》《白ビール》 《ダーク》《プレミアム・ダーク》 《黒ビール》《プレミアム・クリア》 「浅間名水」使用は共通も、麦芽100%のもの、米・コーン・スターチが入っているものと素材は多様。 肝心の麦芽も…

BookRoad~葡蔵人~@御徒町:ワイナリー

都内には現時点で四つのワイナリーがあると認識。 一つは『フジマル醸造所@清澄白河』。 @深川と@大泉学園にも在りその内には訪れたいなぁ、と。 そして@御徒町には標題の醸造所。 場所は【末広町】との中間あたり。【昭和通り】と並行する路地の一角。 …

サントリー 冬の鬼ビター

随分と攻めた商品を出し来たものだ。 冬季限定で12月15日~の発売。 パッケージの色味もそうだし、ネーミングについても同様。 ビールではできにくくなっている冒険も、発泡酒でならとのことなのかもしれない。 アルコールは6°と高め。 飲み口は喉の奥にぐ…

金麦 深煎りのコク

11月24日~数量限定発売。 趣旨替えをしたわけではないけれど、最近割と{新ジャンル}の類を多く飲んでいる。 限定が多いこと、比較的頻繁なリニューアルがその理由。 で、当該商品がとってもユニーク。 その味わいはビールっぽくない。かといって、まるっ…

サッポロ 冬物語

冬季限定販売のこの一本を久々に飲む。 改めてパッケージをしげしげと眺め、左上に記されている年号に目が留まる。 1988年と記されている。 もう三十二年も経つんだねぇ。 当時はかなり画期的な商品だった。 その後、追随するモノが多く出て来たけど、嚆…

ヱビス プレミアムホップブレンド ゴールデンエール

12月8日~限定醸造発売。しかもルートは「セブン&アイ」のみ。 パッケージの色味から受ける印象かもしれないが、《香るエール》を意識してるんじゃ?と思わぬでもない。 実際、喉越し後の香りの余韻は大層なもの。 アルコールは5°。 その分、苦みやコクを犠…

クリアアサヒ 冬の旨口

見慣れないパッケージに、おっと手の伸ばす。 「限定」だし「原酒仕立て」とも書かれているし。 {発泡酒}であることや直近で値上げされたことは、その時点では頭から飛んでいたり。 アルコールは5°。 原材料には通常{ビール}で使われるものに加え{スピ…

サッポロ生ビール黒ラベル エクストラモルト

パッケージは赤でも《黒生》。 11月4日~数量限定発売で「エクストラモルト」使用なのに売価は通常品と同じ。 原材料表示も同様で米、コーン、スターチを使用。 アルコールは5.5°。 思い込みかもしれないけれど、キレの良い品のある苦み。 それでいて従来品…

サッポロ セブンプレミアム 岩手県岩手町三浦さん親子のホップ畑から

10月6日~限定販売。「第4弾」とも記されている。 日本に幾つのホップ農家があるかは寡聞にして知らないけど、新規参入・事業承継等で、この手の表記は半永久的に使えるんじゃ?と皮肉って見たり。 でも、新製品・限定品好きなので、「第5弾」以降も買っち…

新 キリンラガー

コンビニ棚で見かけた時に「おやっ」と思い、次いでにやりとしてしまう。 以前のリニューアルに纏わる迷走を思い出して。 その残滓は《クラシックラガー》に。 昔からの《キリンラガー》ファンに総スカンを喰らった過去。 今回も歴史は繰り返しちゃうのか?…

キリン一番搾り 糖質ゼロ

CMも大量投下されている話題の商品。あまり期待せずに買ってみる。 パッケージの複数個所に「日本初」である文字が踊る。 でも実際に呑んでみると・・・・ねぇ。 平板で金属的な味わい。ひと昔前の発泡酒を味わっているような。 アルコール度数が4°と低い…

ザ・プレミアム・モルツ ダイヤモンドの恵み

9月8日~の期間限定発売とされている。 が、以前にも異なる呼称で販売されていた記憶。 アルコール度数も通常品と同様で、駄舌な自分には、違いが判らないのが残念なところ。 同時に呑み比べれば、また違うかもしれんが・・・・。

金麦 琥珀の秋

普段なら、この種は呑まないのだがちょっと勢いで購入。値段も500mlで207円だし。 8月18日~の数量限定発売。 アルコールは6°とやや高めも「秋」を謳う商品には有りがちか。 原材料で違和感を感じるのは「スピリッツ(小麦)」くらいか。 一気にグラスに注…

ザ・プレミアム・モルツ 秋〈香る〉エール

8月25日~数量限定で発売。「限定」と銘打たれたものに弱いのはラーメンだけにとどまらず、で。 アルコールは6°とやや高め。 「秋」を冠した商品にこの傾向が強いのは個人的な思い込みかな? 最近の『プレモル』は全体的に以前よりも苦みもコクも強くなった…