RollingStoneGathersNoMoss健啖部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、健啖部の活動報告。文化活動履歴の「文化部」にも是非お立ち寄り下さい

東京麺珍亭本舗@四谷三丁目 2021年7月23日(金)

【新宿通り】と【外苑西通り】の交差点そば。
『ラーメンイエロー』の
通りを挟んでほぼほぼ向かい側。

f:id:jyn1:20210724074138j:plain

店内は厨房に向いたストレート六席のカウンター。
それ以外にも、店舗の外に席は多数。


11:05の入店で先客はゼロ。その後
食べ終わって出るまでの来客は一。


券売機は入り口右手。

食したのは、
半熟卵油そば大盛1.5玉。
値段は800円。

並盛と同料金。


食券を渡してから4分ほどで
店名が印刷された丼に入った一杯がカウンター越しに渡される。

f:id:jyn1:20210724074151j:plain

うわ~随分と寂しい見た目だ。


f:id:jyn1:20210724074302j:plain

チャーシューは短冊大のバラ肉が一枚。
切り置き特有の臭いがする。

刻み海苔がほんの少々。
その下には葱も少しだけ。


f:id:jyn1:20210724074206j:plain

メンマは濃い味が沁み軟らか。
繊維がはらりと解れる。


f:id:jyn1:20210724074313j:plain

温玉があるだけ、外見は多少救われている感。


指南書にも、
直ぐにかき混ぜる様にと書かれているので、
何はともあれ撹拌することに。

f:id:jyn1:20210724074249j:plain

麺は中、やや細、捻じれ。
少しぽくぽくさがありながらも
もっちり噛み応え。

量は200gちょっと。


タレは醤油ベースのカエシに油と
至ってシンプル。
尖りなく穏当な味付け。

なので中途の味変は必須も、
置かれているのが調味料主体なので
さてどうしたものか。

珍しくラー油をたっぷり掛けまわし
完食する。


評価は、☆5点満点で3.5(☆☆☆★)。


スープがないことを勘案すると
ややの割高さを感じてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

中華そば 一富士@中野新橋 2021年7月22日(木)

一か所しかない改札を出て左手に。
駅名にもなっている【中野新橋】を渡り
更に150mほど北上した左手角。


f:id:jyn1:20210723074849j:plain

店内は厨房に向いたストレート五席のカウンター、
二人掛けのテーブルが三卓。

11:30の入店でイの一番。その後
食べ終わって出るまでの来客は六。


オーダーは各所に置かれたメニューを見て直接、
会計は食後に店奥のレジで。

f:id:jyn1:20210723074719j:plain

食したのは、
味玉つけ麺。
値段は880円。

中盛り無料とのことなので
迷うことなくお願いする。

6分ほどで麺とつけ汁が同時に供される。

f:id:jyn1:20210723074744j:plain

麺量は意外と多そうにも見える。

 

f:id:jyn1:20210723074835j:plain

麺は細、平、ストレート。
稲庭饂飩にも似た外見。

つるつるしこしこで、ややぱつんとした
しっかり感触。
ぷつっと歯が通り、喉越しも滑らか。

量は確かに300g弱。


f:id:jyn1:20210723074729j:plain

つけ汁は動物系+魚介系。
たっぷりの葱に大葉が浮遊する。

粘度は緩めで、舌触りはざらつきあり。
微かな酸味。

乾物魚介の旨味がしっかり感じられ、
それでいて強過ぎはせず。

野菜由来と思わる仄かな甘みも相俟って
気持ち良く完飲する。

中には極小の骰子大の乱角チャーシューが数個。
かなりチープで、今回の一杯中、
唯一の残念なポイント。


f:id:jyn1:20210723074901j:plain

メンマはしゃくしゃくした歯触り。
胡椒が効いている。

海苔は厚みがる。


f:id:jyn1:20210723074756j:plain

玉子はやや硬めの茹で加減も、
香り良く、出汁の沁み具合も良好。
黄身も濃厚で美味しい。


評価は、☆5点満点で4.0(☆☆☆☆)。


チャーシューがかなり残念も、値段と量を勘案すれば、全体的には
十二分に出精メニュー。

 

 

 

 

 

 

 

アサヒ ザ・ゴールド

前回吞んだ時からは
パッケージも違ってはいるけれど、

  五輪タイアップ商品との位置付けは変わらず。

 まぁ「アサヒビール」も今回の一件で
名を上げたのか下げたのかは分からんが、
スポンサーフィーに比べ
見込んでいた収入が得られなかったのは間違いなし。


標題商品は6月29日~の期間限定。


f:id:jyn1:20210722075858j:plain

f:id:jyn1:20210722075850j:plain

f:id:jyn1:20210722075841j:plain

アルコールは5°、原材料には
米、コーン、スターチも入る。

同社独特のやや薄めの味わいは
季節的にはアリも、ビールを呑む醍醐味からは
やや外れるかも。

ただ、後味に苦みもままあり、
それがちょっとだけ評価できるポイントかな。

 

 

 

 

中華そば 結。YuI(4)@大森 2021年7月19日(月)

チェーン店は言わずもがな、単独店も
季節限定をこぞって供している。


平日のお昼時には遠出ができない昨今、
近場のメニューを全て制覇するくらいの勢いで臨みたいもの。

f:id:jyn1:20210720073506j:plain

11:30の入店でイの一番。その後
食べ終わって出るまでの来客は五。


f:id:jyn1:20210720073419j:plain

複数の限定を出しているけれど、
入り口左手の券売機でぽちっと押したのは
限定Aのボタン。

清涼溢れる冷やしラーメンの
値段は1,000円。


食券を渡してから5分ほどで、
見た目は熱い汁モノと変わらぬ一杯が
カウンター越しに渡される。

f:id:jyn1:20210720073434j:plain

でも薄輪切りのライムと、

f:id:jyn1:20210720073449j:plain

鬼颪の辛味大根は涼しげ。

f:id:jyn1:20210720073602j:plain

季節を感じさせる茗荷もトッピング。
薄くスライスされた紫玉葱との色味も合っている。


f:id:jyn1:20210720073619j:plain

チャーシューはトランプ大のロース肉が三枚。
薄く切り出された低温調理。

一見、生っぽいが、ちゃんと火は通っている。


f:id:jyn1:20210720073548j:plain

麺は細、軽くカール。
透明感はあり、表面はつるつる。

ぷっつりとした噛み応えで
喉越しも心地好し。

量は150gちょっとあるか。


スープは透明感のある醤油。

なによりも煮干し油がまったりとコクを出し、
小魚特有の青い苦みとえぐみが特徴的。

これ以上抽出すると嫌味になるぎりぎりの線を攻めて来て、
とっても好きなバランス感。

美味しく完飲してしまう。


評価は、☆5点満点で4.0(☆☆☆☆)。


まぜそば》類は通年運用のようなので、
次は是非とも《イタリア~ン》で。

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーカップ大盛り いか天ふりかけ焼そば

てっきり以前に食べていた気になっていたけど、
本年3月22日~発売の
まるっきりの新商品なのね。

 
f:id:jyn1:20210719075351j:plain

f:id:jyn1:20210719075400j:plain

f:id:jyn1:20210719075257j:plain

湯戻し時間は3分。


f:id:jyn1:20210719075231j:plain

麺は他の類似品との違いは見当たらず。


f:id:jyn1:20210719075311j:plain

ソースは液体だが、後で乗せる
いか天ふりかけ
がミソなのね。


f:id:jyn1:20210719075244j:plain

確かに、烏賊天ふりかけの
かりさく食感が絶妙。

ただそれ以外に、目新しい点はないけれど(笑)。

 

 

 

 

 

 

魚炉魚炉 総本店(2)@川崎 2021年7月17日(土)

ぼちぼちと冷たい麺も出る頃合いだろうと踏んで

四ヶ月振りの標題店。
f:id:jyn1:20210718094235j:plain


店頭のメニューには思惑通り《つけ麺》の写真が。
f:id:jyn1:20210718094222j:plain
「数量限定」との書きっぷりがちと気になるが。

 

11:35の入店で先客は十。

その後食べ終わって出るまでの来客は八。


11:00~の営業なので、

おそるおそる「つけ麺はできますか?」と確認すれば

「大丈夫ですよ」とのお返事。


丁度、二十日ほど前に、

フォーマットを提供している店で同じ品を食べたばかりなので

比較してみるのもまた一興。

 オーダーは各所に置かれたメニューを見ながら直接、

会計は食後に、店中ほどのレジで。


食したのは、昆布水つけ麺。値段は880円。
価格設定もまるっきり同じなのね。

6分ほどの待ちで麺とつけ汁が同時に供される。


f:id:jyn1:20210718094035j:plain
おや、かなり似た見た目だぞ、

麺の盛り付けもつけ汁も。

 

f:id:jyn1:20210718094110j:plain
麺は細、縮れ、薄茶の粒子が散在する全粒粉。

表面はきゅきゅっとしまり滑らかも、

ややごつごつさがある舌触り。
しこっとした噛み心地とさらっとした喉越しは好ましい。
量は250g強はありそう。

 

上に盛られた昆布の刻み方はやや粗目。
昆布水も、味はそこそこも

粘度や旨味はぎりぎりまで攻めて来るまでには至らず、

軽めに振れている。
中途、味変用の酢橘を絞っても固まることはなし。

 

f:id:jyn1:20210718094050j:plain
トランプ大のロース肉のチャーシューが一枚。

低温調理でややの噛み応えあり。

 

f:id:jyn1:20210718094017j:plain
つけ汁も似た見た目だが、

絶対量と青菜の分量がちと少ないかな。
白髪葱と微塵の紫玉葱が入る。


やはりトランプ大のバラ肉が一枚。

軟らかく、こちらの方は好きな味付け。


貝出汁醤油の味もやや軽めでクセが少なく感じる。
醤油の深みはしっかりあり、

最後は昆布水を注ぎ完飲する。

 

評価は、☆5点満点で3.5(☆☆☆★)。

 

ほんの少しだけ差を感じるのは、

気のせいかもしれないが。

 

 

 

 

 

 

バーミヤン@大井町(2) 2021年7月15日(木)

前回はクーポンを入手したから、だけど
今日は季節の限定を食べにね。

f:id:jyn1:20210716080756j:plain

11:10の入店で先客は五。
その後の来客はぱらぱらといったところ。


f:id:jyn1:20210716080808j:plain

タッチパネルで選んだのは
海鮮台湾カレービーフン。
値段は799円。


オーダーから4分ほどで
涼しげな色味の皿に盛られた一杯が供される。

f:id:jyn1:20210716080822j:plain

カレーの香りが良い感じ。


f:id:jyn1:20210716080851j:plain

薄切りのトマトとレタスは
片側に寄せて盛られている。


f:id:jyn1:20210716080918j:plain

海鮮の海老はぷりっとしているけど、
烏賊はくったりといかにも冷凍の食感。

玉子が多めに絡んでいるのは嬉しい。
人参の橙色は鮮やか。


f:id:jyn1:20210716080839j:plain

麺とゆ~か、ビーフンは
極細で透明度があり、ぷっつりとした歯応え。
ただ、量は多くないので、お腹が膨れるほどではない。

カレーはやや粉っぽさが漂い、スパイシーさよりも
まったりした油の重みで食べさせるタイプ。
食べ終わっても、額に汗が滲むことはなし。


評価は、☆5点満点で3.0(☆☆☆)。


水はドリンクバーのスペースへ自分で取りに行くスタイルだし、
食後の会計も呼び鈴を押して初めてやって来る、等
省力化は徹底されている。