RollingStoneGathersNoMoss健啖部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、健啖部の活動報告。文化活動履歴の「文化部」にも是非お立ち寄り下さい

らーめんぶたまろ@蒲田 2020年4月4日(土)

第一京浜】と【環八通り】の交差点から
【糀谷】方面に100mほど進んだ右手。

f:id:jyn1:20200405112030j:plain

店内は厨房を囲むL字型七席のカウンター。

11:05の入店で先客はゼロ。その後
食べ終わって出るまでの来客は一。


券売機は入り口右手。

f:id:jyn1:20200405111913j:plain

食したのは、
まぜそば+追い飯セット。
値段は800+100で900円。

券売機の脇に在るウォーターサバーから冷たいお茶を注ぎ
更にティッシュを二枚ほど抜き取り着席。


食券を渡してから4分ほどで
店名が白く染め抜かれた漆黒の丼に入った一杯が
カウンター越しに渡される。

f:id:jyn1:20200405111920j:plain

なかなかに具材が豊富。

 

f:id:jyn1:20200405111926j:plain

メンマは濃い色に染まり軟らか。

水菜が一つまみ。

 

f:id:jyn1:20200405111932j:plain

笹がきの葱に韮。

刻み海苔。

 

f:id:jyn1:20200405111941j:plain

微塵切りの生紫玉葱。

たっぷりの肉味噌。


汁もそこそこ入っているようなので、
先ずは撹拌する。

f:id:jyn1:20200405112043j:plain

f:id:jyn1:20200405112051j:plain

麺はやや細、薄めの平、捻じれ。
表面はつるつるでぴろぴろの口当たり。

するりと啜れ、もっちりした噛み心地で
喉の通りも気持ち良い。

量は200gほど。


味付けの基本は味噌。

軽く甘み・酸味・辛味・痺れが代わるがわる舌に広がり
食べていて楽しく、飽きが来ない。

が、自分にはややピリ辛が強く、次第に汗が滲みだしたので
セットに含まれている 温玉 を投入。

f:id:jyn1:20200405112037j:plain

コクが増し、辛さもマイルドになり、
気持ち良く麺を掬いきる。


それでも具材と汁がかなり残るので
追い飯投入。

f:id:jyn1:20200405111906j:plain

小さい茶碗に軽く一膳も
そこそこの量あり。

綺麗に混ぜて完食すれば、
お腹はまずまず膨れる。


評価は、☆5点満点で4.0(☆☆☆☆)。


以前は《冷やし麺》を供していたようだけど、
季節限定なのかしら。


※自分が入店するまでは
入り口のドアは開け放たれており、
入店後は厨房裏の引き戸を全開に。

やはり「三密」の状態にならぬよう
かなり気を使っているのだなと了解される。

twitter.com

 

らぁ麺 虎武@内幸町 2020年4月3日(金)

『くろおび』『くるめや』『田中』『つじ田』と
強豪店が犇く通りに先月23日にオープン。

場所はかなり【虎ノ門】寄り。

加えて直近のご時世、大丈夫なんだろうかと、
他人事ながら心配になる。

f:id:jyn1:20200404075211j:plain

店内は厨房に向いたストレート四席のカウンター、
二人掛けのテーブルが六卓。

11:25の入店で先客は二。その後
食べ終わって出るまでの来客は三。


券売機は入り口正面。

f:id:jyn1:20200404075143j:plain

食したのは、
貝出汁醤油らぁ麺+麺大盛り。
値段は850+120で970円。


食券を渡してから4分ほどで
熱々の一杯が
カウンター越しに渡される。

f:id:jyn1:20200404075148j:plain

ん?ホウレン草が随分と目立つな。

 

f:id:jyn1:20200404075203j:plain

チャーシューは何れも子供の掌大、
薄めのロースとバラが一枚づつ。

 

f:id:jyn1:20200404075155j:plain

軟らかく茹でられたホウレン草が一掴み。

 

f:id:jyn1:20200404075118j:plain

白髪葱、微塵切りの生紫玉葱。

 

f:id:jyn1:20200404075110j:plain

麺は中、やや細、縮れ。
表面はつるつると滑らか、するっと啜れる。

むっと歯を立てればもっちりした噛み応え。
なかなか良い加減だぞ。

量は200gちょっと。


スープは醤油清湯。
目の前に置かれた途端に貝の香りがほわんと立ち上がる。

一口含めば判り易い貝の旨味が口一杯に広がる。
浅蜊+帆立との能書きだけど、ブレンドするとこんな味になるんだ。

醤油も良いものを使っているようで
尖りの無い練れた塩梅。

鹹さも軟らかく、気持ち良く完飲してしまう。


評価は、☆5点満点で4.0(☆☆☆☆)。


こうなってみると《潮》も食べてみたいかも。
でも、単価がどうにも高いよねぇ。

らーめん 喜丸(2)@有楽町 2020年4月1日(水)

五年半ほど前に一度訪問し、
その時はあまり感心しなかった標題店。

jyn1.hatenadiary.com

 平常時なら再訪はないのだけれど、
今日に限っては時間の余裕もあらず、移動の途上ということもあり。

f:id:jyn1:20200403080823j:plain

店内は厨房を囲むL字型十席のカウンター、
四人掛けのテーブルが三卓。

12:05の入店で先客は七。その後
食べ終わって出るまでの来客は三で
このご時世、加えて雨の中を手堅い集客。


券売機は入り口左手。

f:id:jyn1:20200403080816j:plain

食したのは、
味玉らーめん+麺増し。
値段は850+100で950円。

食券を渡しても(以前のような)味の調整・麺種につき問われることはない。
その代わりにか「14時まで無料」と書かれている
ライスの有無についての確認あり。


5分ほどで
漆黒の丼に入った一杯が
カウンター越しに渡される。

f:id:jyn1:20200403080845j:plain

おや?見た目が少し変わったかな。

 

f:id:jyn1:20200403080859j:plain

チャーシューは大人の掌大、
薄めのロース肉が一枚。

味付け自体は好ましいものの、
切り置きの、良くない臭いが。

 

f:id:jyn1:20200403080907j:plain

8㎝四方の海苔が一枚。

葱が一掴み。が、このスープに
葱は合わないみたい。

 

f:id:jyn1:20200403080916j:plain

メンマは軽く色が付き、さくりと歯が通る。
ただ、既製品の様な味付け。

 

f:id:jyn1:20200403080853j:plain

玉子の黄身は小さめ。

表面には濃い色が付き、茹で加減は上々も
味はややぼやけている。

 

f:id:jyn1:20200403080838j:plain

麺は、中、やや細、軽く捻じれ。
表面は滑らかでずるっと啜れる。

指定は特にせずとも、茹で加減は上々。
芯にはしっかりコシで噛み応え良し。

量は250g近くあるんじゃないか。


スープは白濁。
豚骨ベースではあるものの
謳われているほどの濃厚さはなく軽め。

コク・旨味も軟らかく、粘度も低いため
麺にもさほど絡まず、ちょっと気が抜けたよう。
その分、何口も飲めてしまう。


評価は、☆5点満点で3.5(☆☆☆★)。


前回不満に思った点の幾つかは解消も
全体的には今だし。

ステーキてっぺい@新橋:ステーキ

この時期だからとがっつり肉食。

この時期だからと数日前の電話予約はあっさり通り、
でも実際に訪れれば店内はまずまずの人の入り。

オマケに出前注文もあったりで
二人で回している厨房内はかなり多忙な様子。

ビールやハイボールでおつまみを、
肉は安い赤ワインをお供にすれば、
きっと幸せな時間が過ごせるに違いない。

 

f:id:jyn1:20200401073729j:plain

《キャベツ炒め》

シンプルな素材、シンプルな調理、シンプルな味付け。
量はたっぷりでお酒のアテには上々の一皿。

 

f:id:jyn1:20200401073737j:plain

《ツナキュー》

これってポテサラ?と見紛うものが出て来た。
でも中身は確かに薄い輪切りの胡瓜に解したツナ。
看板には偽りなし。

 

f:id:jyn1:20200401073644j:plain

《ローストビーフ

見目はイマイチだけど、一枚つまんで口に入れれば
悪くはない出来のローストビーフ
付け合わせの野菜もたっぷりで。

 

f:id:jyn1:20200401073657j:plain

《ポテトフライ》

肉料理には欠かせないと(個人的には)思っている。
トマトソースは後掛けで、なくても良かったかも。

からっと揚がり、中はほくほく。
塩分も丁度いいんじゃないかな。


前菜はぼちぼちこれくらいに、
メインのステーキに行って見る。

そのために、やや控えめにしたんだから。

 

f:id:jyn1:20200401073651j:plain

《千切りキャベツ》

どうやらステーキをオーダーすると
デフォで付いて来るみたい。

こんもりと盛り上がり、食べでは十分。
上に掛かっているのは大蒜が強めに効いたドレッシング。
これだけで口中に匂いが充満する。

 

f:id:jyn1:20200401073703j:plain

《てっぺいステーキ300g》

部位は所謂「さがり」とのことで
一番安価な一品。

予め切り分けられて供されたのは
ちょっと予想外だったけど。

厚さの割には軟らかいし、
そのままでも十分、指定したソースを漬ければなお良し。

 

f:id:jyn1:20200401073717j:plain

《ハラミステーキ300g》

グラム当たりの値段は一気に跳ね上がる。
でも見た目、先のひと一皿とあまり違いが判らぬ。

が、一片を口に入れればなるほどね、肉質の違いは歴然。
ただ、基本の味付けがなぁ、同じなのはちょっとね。

 

f:id:jyn1:20200401073723j:plain

ヒレステーキ300g》

値段的にはこちらが一番高価で肉も軟らか。

でも・・・・(以下同文)

 

f:id:jyn1:20200401073710j:plain

《焼きニンニク》

薄くスライスされ、からっと揚がったニンニクは適宜トッピング。


赤ワインは《ガロ ファミリー ヴィンヤード》が2,580円だから
市価の倍ほどか。

お代は〆て2.3万円ちょいと、
そこそこの払いに。

評価は、
焼肉屋基準の☆五点満点で☆☆☆。

払いに見合った量と内容かと聞かれれば
やや首を傾げてしまう。

看板の肉に単調さを感じたのが主要因かも。

steakteppei.com

塩つけ麺 灯花@四谷三丁目 2020年3月28日(土)

【新宿通り】沿い。
四ツ谷】と【四谷三丁目】のほぼ中間。

f:id:jyn1:20200330073411j:plain

店内は厨房を囲むL字型十三席のカウンター。

11:15の入店で先客は五。その後
食べ終わって出るまでの来客は四。


券売機は入り口左手でタッチパネル式。

f:id:jyn1:20200330073429j:plain

食したのは、
<淡麗>味玉塩つけ麺 中盛り。
値段は1,000円。

麺量は300gの表示。


食券を渡してから8分ほどで
麺とつけ汁がカウンター越しに渡される。

 

f:id:jyn1:20200330073451j:plain

f:id:jyn1:20200330073458j:plain

麺は中、厚みある平、軽く捻じれ。
表面艶々で口当たり良く、太さがあってもつるりんと啜れる。

もっちりした噛み応え、滲み出す麦の味。

きりっと締まって、喉越しも心地好し。

量は間違いなく300g。

刻み海苔がぱらり振られている。

 

f:id:jyn1:20200330073511j:plain

つけ汁は淡く茶濁。

ベースは鶏や乾物魚介と思われるも
それらは後ろに控え、先ずは塩味がきりっと立つ。

やや強めの塩味。でも尖ってはおらず
舌には響かず緩やかに口中に広がる。

中途、添えられていた柚子胡椒で味変。
辛さの付加もなかなかに良い感じ。

 

f:id:jyn1:20200330073516j:plain

チャーシューはトランプ大のバラ肉が二枚。
厚みはあるも筋っぽさは感じない。

 

f:id:jyn1:20200330073445j:plain

メンマは薄色・薄味で軟らか。

 

f:id:jyn1:20200330073504j:plain

f:id:jyn1:20200330073418j:plain

玉子の表面は薄い色付き
黄身は琥珀色に染まり茹で加減も極上。

ねっとりと濃い旨味が堪らない。

 

f:id:jyn1:20200330073423j:plain

麺を食べ終わったら 割りスープ を申請。

「ご飯いれますか?」との声掛けに
「少しだけ」をお願いすると、
昆布出汁蕎麦湯が注がれ、あられも追加され戻される。

新たに添えられた銀の穴あきスプーンを使い
お米を綺麗に掬い取り、スープは八割方を飲み干し
ご馳走様。


評価は、☆5点満点で4.0(☆☆☆☆)。


麺は並盛り(200g)にし、具材をもっと豪華に、
最後の茶漬けでお米を多くしてお腹を膨らます手もあり、と
思い至る。

細かい仕様は異なっているものの、

jyn1.hatenadiary.com

 こことは基本的な組み立てが似ているな、と
改めて思う。

長崎街道@新橋 2020年3月25日(水)

【柳通り】から『とんかつ河』の対面の小路に入り
20mほど歩いた右手。

f:id:jyn1:20200328074034j:plain

店内は厨房を囲むL字型六席のカウンター、
四人掛けのテーブルが二卓、
奥には小上がりも。

11:35の入店で先客は十人以上。その後
食べ終わって出るまでの来客も続々で
常にほぼほぼ満席で待ちがある状態。

ちなみに「RDB」では11:30~と書かれているけれど
開店時刻が11時~なのは確実。


オーダーは店員さんに直接、会計は渡された伝票を持ち
忙しなく動く店員さんをつかまえて食後に。

f:id:jyn1:20200328074029j:plain

食したのは、
ちゃんぽん。
値段980円。

皿うどん》との二択なので
迷う要素はない。

入店後、直ぐに注文を取られるので
腹積もりをしておくのが大事。

大盛りにすると+200円で千円を軽く超えちゃうのは
かなり辛い。


8分ほどで、見るからに熱々の一杯が供される。

f:id:jyn1:20200328074009j:plain

具材がかなり盛り上がってるな。

 

f:id:jyn1:20200328074015j:plain

小さいながらも、ぷりっぷりの海老が三尾。

野菜はモヤシ、キャベツ主体に人参の彩り。

烏賊、蒲鉾、浅蜊のむき身、豚肉、木耳と
具材の種類も豊富。

 

f:id:jyn1:20200328074022j:plain

麺はやや細、ストレート。
表面粗目で、ぽくっとした口当たり。

舌で押しつぶせそうなほど軟やわ。

量は100gちょっとで、麺ではお腹は膨れない。


スープは動物系主体の白湯。
ラードの香りが立ち、ミルキーでまったりとした旨味。

塩味は控え目で素直に美味しいので
熱さに耐えながら七割方を口にする。


評価は、☆5点満点で4.0(☆☆☆☆)。


兎に角、野菜が火傷しそうに熱くて、
ふ~ふ~しながら口に入れてもほふほふするくらい。

夏場にはちょっとムリだねぇ。

nagasaki-kaido.com

麺恋処 いそじ@代々木 2020年3月24日(火)

ここの関連店との認識。

jyn1.hatenadiary.com

 【西口】に出て【代々木ゼミナール本部ビル】を左手に見る小道に入り
緩やかな坂を150mほど下った右手。

f:id:jyn1:20200326080937j:plain

店内は厨房を囲むL字型十席のカウンター。

11:35の入店で先客は七。その後
食べ終わって出るまでの来客も七で
やはり繁盛店。


券売機は入り口右手。

f:id:jyn1:20200326081018j:plain

食したのは、
〇得中華そば 中盛。
値段は980円。

並盛と同料金で「増量サービス」の記載あり。

直前に「柚子が入っても大丈夫ですか」の声掛けがあり、
食券を渡してから11分ほどで
熱々の一杯がカウンター越しに渡される。

勿論、柚子は大好きです。

 

f:id:jyn1:20200326081023j:plain

いや~、やはり具材がたっぷりなんですけど。

 

f:id:jyn1:20200326081029j:plain

チャーシューはトランプ大
5㎜厚のロース肉が三枚。

時として筋を感じるものもあり。

 

f:id:jyn1:20200326081035j:plain

鳴門の削ぎ切りが一片。

小さな短冊大の海苔一枚は香りが良く味も濃い。

 

f:id:jyn1:20200326081041j:plain

玉子の表面は濃く色付き
黄身の茹り加減は上々。

味も染みつつ濃厚で旨い。

 

f:id:jyn1:20200326081012j:plain

チャーシューの下には極細のメンマがたっぷりと。

味も適度に沁みてしくしゃくとした歯触り。

 

f:id:jyn1:20200326080943j:plain

麺は中、やや細、ストレート、軽くウェーブ。
表面は滑らかでつるっと啜れる。
くっと歯をたてると、最初はぽくっと、
次にもっちりとした噛み応え。

喉越しも気持ち良く、量は表示通り、
たっぷり300g。


スープは動物系+魚介系の醤油味。
茶濁し軽い粘度もあり。

旨味は動物系、香りは魚介系が立ち、
両者が口の中で混然となる。美味しい。

柚子の香りはさほどではなく、
ぱらりと投入された葱と玉葱が良いアクセントになっている。

カロリーを気にしながら、八割方を飲み干す。


評価は、☆5点満点で4.5(☆☆☆☆★)。


スープの出来は良く、麺量は多いし具材も満足の行く
それでいて千円を超えない有り難さが滲む一杯。

こういった店が近くにある場所で働いている人は
それだけで羨ましい。