RollingStoneGathersNoMoss健啖部

好奇心の向くままどたばたと東奔西走するおぢさんの日記、健啖部の活動報告。文化活動履歴の「文化部」にも是非お立ち寄り下さい

札幌ラーメン 雪あかり@虎ノ門 2021年5月14日(金)

丁度一ヶ月前に【東京倶楽部ビルディング1F】の
飲食店街にオープンの新店。

調べてみると【新千歳空港】やら【羽田空港第1旅客ターミナル】にも
出店してるのね。

f:id:jyn1:20210516083846j:plain

店内はカウンターやテーブルで
四十五席ほどもある大箱。

入り口の戸は開け放たれ、
席間にはパーテーション。
入り口傍には店員さんが控えており、
手指の消毒声掛けと、対策もばっちり。

11:15の入店で先客は三。その後
食べ終わって出るまでの来客は二。


券売機は入り正面。
かなり分かりにくいタッチパネル式。

会計方法も含め店員さんが指南してくれるものの、
大盛り無料のサービスには、
食べ終わって退店する時に気付く始末。

f:id:jyn1:20210516083834j:plain

食したのは、
雪あかりつけ麺。
値段は900円。

味は《魚介》と《味噌》の選択性も
この場なら間違いなく後者を選ぶよね。


f:id:jyn1:20210516083856j:plain

食券が発行され、番号を呼ばれれば取りに行く
セルフサービス方式。
勿論、食器類の返却も自分でね。

水はドリンクバーのコーナーへ
自身で取りに行く方式。


3分ほどで番号を呼ばれたので、
いそいそと取りに向かう。

f:id:jyn1:20210516083745j:plain

具材は全て麺の器に盛り付けられ、
オールスターキャストが揃い踏み。


f:id:jyn1:20210516083800j:plain

チャーシューは子供の掌大、薄めのバラ巻きが二枚。
切り置き感満載で、そのまま食べるにはちと辛い。


f:id:jyn1:20210516083822j:plain

メンマは細目。こりこりした食感。


f:id:jyn1:20210516083812j:plain

味玉は黄身がトロンと流れ出している。
小振りながらも、濃厚でなかなか美味しい。

海苔は8㎝四方が一枚。
厚みがある。


f:id:jyn1:20210516083932j:plain

麺は太、ストレート。
色味は除けば、外見はまるっきり饂飩。

形体はエッヂが立つも、軟らかめの茹で加減で
表面は軟やわ。
そしてもちもちの口当たり。

小麦感は弱め。

量は200gないかもしれない。


f:id:jyn1:20210516083728j:plain

つけ汁は味噌。
さらさらとして量も多い。

熱々で
芳ばしい良い香りが立ち上がるも、
味付けは塩味の強いみそ汁みたい。
やや深みに欠けるかも。


評価は、☆5点満点で3.5(☆☆☆★)。


全体的に、いかにも資本系が提供する
右代表のような一杯。